勉強をするやる気が出ない

プロフィール 特定商取引法 お問い合わせ サイトマップ  
 
トップページ ネット副業 人生の考え方 人気者になる お金を稼ぐ方法
 
 
副業の基礎知識 ★★ 副業一覧リスト 収入を得る最短コース
 
ネット副業の日記 情報商材ランキング よくいただく質問
 
トップページ > 人気者になる方法(勉強と運動と恋愛と子育て) >

勉強する「やる気」が起きない!
やる気を出して得意になる勉強法

 
勉強する「やる気」が起きない!やる気を出して得意になる勉強法
 

はじめに

 

「勉強をしなければいけないのに、やる気が出ない…」ということは、よくありますよね。

実際に僕は、学生時代に勉強をする気が起きなくて、机の前には座るけど、やる気が出なくて漫画などを読む、、、 ということを繰り返してきました。

そのため、学校の成績はいつも悪かったですし、嫌いな勉強をやることは、とても辛かったです。

勉強がキライで、学校の成績はいつも悪かった


ただ、大人になってから、「やる気を持って勉強できる方法」が分かったのですよね。 その方法を、ここでお伝えします。


「なぜ勉強をする気が起きないのか」という理由が分かれば、「どうすればやる気が出るのか」ということが分かりますよね?

さらに、ここでは「効率よく勉強ができるようになる方法」もお伝えするので、ぜひ参考にしてください!


 

勉強する「やる気」が起きない3つの理由とは

 

まず、勉強をする気持ちが起きない理由は、大きく分けて3つあります。



勉強する「やる気」が起きない3つの理由
 

1つ目 : 勉強がつまらないから。
2つ目 : なぜ勉強するのかという理由が分かっていないから。
3つ目 : 親から勉強しろと強要されるから。




1.勉強がつまらないから
 

勉強をする気持ちが起きない理由の1つ目は、「勉強がつまらないから」です。

実際に、勉強は覚えなければいけないことが多いため、頭を使って疲れますし、 人は、分からないことをやることは苦痛に感じるので、「勉強をする気持ちにならない」ということですね。


逆に、Youtube を見たり、漫画を読んだり、ゲームをすることは、多くの人が好きで、自ら進んでやると思います。 この理由は、「楽しいから」です。

Youtube は、動画の作成者が人に見てもらうために、「どうすれば楽しんでもらえるのか」ということを考えて作っていますし、 漫画も、「たくさんの人に読んでもらいたい」という想いで書いているので、見ていて楽しいのは当然なのですよね。

ゲームも、最初は難易度が低く作られていて、だんだんと難易度が上がっていきます。 そして、ゲームが進むにつれて、自分のレベルが少しずつ上がっていって、上手にできるようになってくるので、これがゲームが楽しい理由です。


人は、自分が分からないことや、できないことは、「つまらない」と思うものですし、 自分が分かることや、できることは、「楽しい」と思うものです。

僕が実際にそうだったのですが、勉強が苦手で、勉強ができないから、「勉強がつまらない」ということです。


では、どうしたら勉強が楽しくなるのかというと、「勉強ができるようになる!」ということしか、方法がありません。

「勉強ができるようになる方法」については、後ほどお伝えしますが、まずは、 勉強をする気持ちが起きない理由の1つ目は、「勉強がつまらないから」ということを、知っておいてくださいね。

勉強をするやる気が出ない理由1.勉強がつまらないから



2.なぜ勉強するのかという理由が分かっていないから
 

勉強をする気持ちが起きない理由の2つ目は、「なぜ勉強するのかという理由が分かっていないから」です。

そもそも、「なぜ勉強しなければいけないのか」という意味を、自分で分かっていなかったら、やる気にならないのは当然だと思いませんか?

たとえば、もしあなたが、「学校の勉強なんてできなくてもいい」や「将来使わないことを覚えても意味がない」と思っていたら、 勉強する気持ちになるわけがないですよね。。。


実際に、「なぜ将来使わないことも、勉強して覚えなければいけないのか」と思っている学生はたくさんいますし、僕も、同じように思っていました。

そのため、もし、「なぜ学校で勉強するのかという理由(答え)」を、自分自身で分かっていないとしたら、 まずは、「学校で勉強する理由」を、知る必要があります。


なお、この答えは、「学校で勉強する意味 ~ なぜ将来役に立たないことも勉強するのか ~」のページでお伝えしているので、 学校で勉強する理由を、自分自身で明確に言うことができない場合は、見てみてください。

勉強をする気持ちが起きない理由は、「なぜ勉強するのかという理由が分かっていないから」なので、 勉強をする気持ちになるためには、「なぜ勉強するのかという理由」を、知る必要がありますよ。

勉強をするやる気が出ない理由2.なぜ勉強するのかという理由が分かっていないから



3.親から勉強しろと強要されるから
 

勉強をする気持ちが起きない理由の3つ目は、「親から勉強しろと強要されるから」です。

親から、「勉強しなさい」と言われる人はけっこう多いと思うのですが、 人は、「やりなさい!」と言われると、逆にやりたくなくなる性質があります。

そのため、「勉強しなさい!」と頻繁に言われれば言われるほど、 「勉強=人から無理にやらされるイヤなもの」という意識が強くなり、勉強が嫌いになっていくというわけです。


これについては、親も、人の性質を理解しなければいけないのですが、、、 ここは一歩引いてみて、なぜ親が「勉強しなさい」と言うのかという理由を、考えてみてください。

親は別に、自分の子どもを苦しめたいと思って、勉強させようとしているわけではありません。 自分の子どもに、将来 良い人生を送ってもらいたいと思っているから、「勉強ができるようになってもらいたい」と思っています。


ちなみに、親が理解しているかどうかは分かりませんが、特にこれからは、AIやコンピュータがどんどん発達していくので、 「学歴(どの大学に行ったのか)」というブランドが、けっこう大切になってきますよ。

別に、良い高校や大学に行けば、幸せになれるわけではないのですが、少なくとも、 自分がやりたいと思った仕事に就ける可能性(就職先が広がる可能性)が、高くなることは確かです。


そして、大人になると、自分でいろいろな問題を解決していかないといけないので、「頭を使って考える」という能力が必要になります。

そのために、学校で勉強した知識は「パーツ」になって、将来役に立つことがけっこうありますし、 学生時代に勉強をして、頭を使うことに慣れていると、大人になってからも自分で考えることができるのですよね。

そのトレーニングとして、学校で勉強しておいた方が有利であるため、親が分かっているかどうかは分かりませんけど、 親が子どもに対して、「勉強をしてもらいたい」というのは、あながち間違ってはいない(むしろ正しい)ということです。

勉強をするやる気が出ない理由3.親から勉強しろと強要されるから


あと、正直に言うと、子どもが優秀だと、親が優秀だと思われるんですよ。

「子は親の鏡」という言葉もありますけど、子どもが優秀であれば、「この子を育てた親もすごい!」と周りから思われるので、 親としては、「勉強ができる子になってほしい」と思っている、ということですね。

これについては、自分が親になると分かるので、、、「親孝行」だと思って、勉強ができるようになってあげても良いかもしれません。


ちなみに、世の中には、「言わなきゃ分からない」や「言われるまでやらない」という人が、けっこういます。 仕事でも、人からの指示があるまで動かない人がいますし、自分で考えることができない人も、たくさんいるのですよね。

もし、親があなたに対して、「勉強しなさい」と言わなかったとしたら、あなたは自ら進んで、勉強をする人ですか?


そもそも、自ら進んで勉強をしているのであれば、親は、「勉強しなさい」とは言わないかもしれません。

もちろん、「今から勉強するつもりだったのに、親から勉強しろと言われて、やる気をなくした…」という気持ちも分かりますよ。

でも、親はあなたに、「将来 良い人生を送ってもらいたい」と思って言っているのですから、人のせいにするのではなくて、 自分から進んで勉強をしても良いと思います。


僕が大人になってから分かったことは、「自分のやるべきこと」を先にやっている人が、人よりもデキる人間になっているということです。

親から勉強しろと強要されなくなるための解決策は、あなたが親を変えようとするのではなく、「あなた自身が変わること」です。

Youtube や漫画を見たり、ゲームをする前に、自分のやるべきことである「勉強」を先にするようにしましょうね。

自分のやるべきことを先にやっている人が、人よりも大きな結果を出せるようになっている!


 

勉強する「やる気」を起こす5つの方法!

 

では、「つまらない・やりたくない」と思っている勉強を、やる気を持ってできるようにする方法をお伝えします。

ここでお伝えする5つの方法を実施すれば、確実に、やる気を持って勉強ができるようになるので、ぜひ実施してみてくださいね。



勉強する「やる気」を起こす5つの方法!
 

1つ目 : とにかくやってみること。
2つ目 : やらざるを得ない環境にすること。
3つ目 : 時間を区切ること。
4つ目 : 習慣にすること。
5つ目 : 勉強が得意になること。




1.とにかくやってみること
 

ほとんどの人は、「勉強はしなければいけない」ということは分かっています。 しかし、「やる気が出たら勉強しよう」と思っていても、やる気が出ることはありません。

そもそも、やる気というのは、自然に出るものではなく、「やっているうちに やる気が出る仕組みになっているから」です。


僕は学生時代、テスト勉強をするための「やる気」が起きるのを、ずっと待っていました。 でも、やる気というのは自然に出てこないので、僕は根本的な考え方が間違っていたということです。

実際に僕は、やる気が出るのを待っている間に、漫画やテレビを見て、結局、勉強をしないまま時間だけが過ぎているだけでしたからね。


やる気というのは、待っていても自然に出てこないものですし、やっているうちに、やる気が出てくる仕組みになっています。

これを僕が学生時代に知っていれば、もう少しマシな人生になっていたと思うのですが、 「やる気がある・ない」というのは考えずに、とにかく手を動かして、実際にやってみることが必要ということですね。

そして、やる気がなかったとしても、やっているうちにやる気が出てきて、やる気を持って勉強ができるようになりますよ。

勉強する「やる気」を起こす方法1.とにかくやってみること



2.やらざるを得ない環境にすること
 

人は基本的に怠け者であるため、身近に楽しいものがあると、つい楽しいことをやってしまうものです。 たとえば、テレビを見たり、漫画を読んだり、ゲームをやったり、お菓子を食べるたりなどですね。

だから、あえて、やらざるを得ない環境に自分を置いてしまうということは、とても有効な方法になります。


たとえば、勉強をするために、図書館や市民交流拠点に行って、勉強をするという形です。 図書館や市民交流拠点であれば、テレビも漫画もゲームも無いので、勉強をするしかないからです。

もし、図書館が自宅から遠い場合や、市民交流拠点がない場合は、自宅のリビングで勉強をする方法が有効です。 自分の部屋だと、近くにゲームや漫画があるため、ついやりたくなってしまうのですが、リビングであれば、誘惑が少なくなるためです。

なお、家族がリビングでテレビを見ていたとしても、慣れてくると、このような音は気にならなくなります。 リビングで勉強することに慣れて、集中して勉強ができるようになると、周りが少し騒がしかったとしても、勉強に支障はありません。


あと、現在はほとんどの人がスマホを持っていて、スマホがあれば、ゲームや漫画を見ることができるのですが、 これはもう、意識して使わないようにするしかありません。

僕も、そのようなアプリは入れないようにしていますし、仕事をしているときは集中して、スマホは使わないようにしています。

僕は、自分が怠け者(意志の弱い人間)だと知っているので、初めからそのようなアプリ(楽しくて使ってしまうもの)は、 初めから入れないようにしている、ということですね。


「やらざるを得ない環境にすること」は、とても有効な方法で、勉強しかできない環境に自分を置くことで、仕方なく、勉強をやるようになります。

そして、やっているうちに「やる気」が出てくるので、とても有効な方法になりますよ。

勉強する「やる気」を起こす方法2.やらざるを得ない環境にすること



3.時間を区切ること
 

時間がたくさんあると、逆にできなくなってしまうということは、よくある話です。

たとえば、夏休みが始まったら、時間がたくさんあるのに、宿題や勉強をしない人が多いですよね。 逆に、夏休みが終わりに近づいてくると、急いで宿題を終わらせようとします。

つまり、何かをやるためには、時間を区切ったり、期限を決めた方ができるということです。


やっぱり人間は怠け者で、期限が迫っていて自分が追い込まれないと、やらないんですよね。

逆に、期限が決まっていれば、「それまでにやらなければいけない」という形で、頑張ることができますし、 期限が決まっていれば、やることを逆算することで、やることも明確に決まっていきます。

大学受験も、受験日(期限)が決まっているので、受験生はけっこう頑張ることができますし、 仕事も納期(期限)が決まっていれば、けっこう頑張ってできるものですよ。


あと、1日の中でも、1日の時間をだらだらと使うのではなく、1時間や1時間半など、 時間を短く区切って、その時間の中で集中してやった方が、効率よく覚えていくことができます。

大切なことは、「集中力」であり、集中して勉強をするということが、本当に大切になるということです。

時間がたくさんあると、「まだやらなくても平気」という気持ちが出てきてしまうので、 期限を決めたり、時間を区切ることは、やる気を持ってできる有効な方法になります。

勉強する「やる気」を起こす方法3.時間を区切ること



4.習慣にすること
 

勉強というのは、1日で教科書の内容を覚えられるわけではありません。 人は、繰り返していくことで、覚えることができます。

そのため、勉強することを繰り返していくしかないのですが、繰り返していると、それが「習慣」になってくるのですよね。 「習慣」というものは本当に最強で、毎日続けていると、逆に止めることが難しくなってくるくらいです。


だから、最初は1日10分でも良いので、「毎日必ず勉強する!」本当に効果が絶大ということを、ずっと続けていくようにしましょう。

勉強をすることが習慣になれば、「やる気がある・ない」ということを、気にする必要もなくなるくらい、 毎日自然に行うことができるようになるからです。

「習慣にすること」は本当に効果が絶大なので、最初は短い時間でも良いから、 習慣にできるように、「毎日勉強をする」ということを、日々続けていくようにしましょうね。

勉強する「やる気」を起こす方法4.習慣にすること



5.勉強が得意になること
 

勉強をする気持ちにならないのは、勉強ができないから(苦手だから)です。 やはり、自分が苦手なことや、できないことは、「やりたくない」と思うものですし、やる気も出ないものですよね。

でも、勉強というのは、これから一生続けていくことになりますよ。 実際に、学校で勉強するだけでなく、大人になってからも、仕事で覚えることはたくさんあるからです。

また、仕事だけでなく、税金やお金を稼ぐ方法、保険や住宅など、人生というのは知識があればあるほど、トクをすることが多いのですよね。 そのために、「勉強」というのは、とても大切なものになりますし、一生続けていくものになります。


だから、最初は分からなくて辛いのですが、勉強をすることを習慣にして、自分が勉強が得意になるまで、とことんやった方が良いです。

結局、自分が苦手だから「やりたくない」と思うだけで、自分が得意になれば、やる気になりますよ。 勉強は、一生続けていくものなのですから、勉強が得意になるまで勉強することが、結局は、最も良い方法になります。


「やる気が出なくて困っているのに、得意になるまで勉強する」というのは、矛盾しているのですが、、、でも、こういうものなんですよね。

最初は分からないのは当然だし、できなくてつまらないものですが、自分ができるようになってくると、楽しくなるからです。 もちろんこれは、スポーツも仕事も一緒ですよ!

勉強する「やる気」を起こす方法5.勉強が得意になること


最初の段階で、「ちょっとやってみたけど、うまくできないから、やりたくない」と言っていたら、何をやってもできない人間になってしまいます。

だから、苦手なときは辛いですけど、その辛い時期を乗り越えて、得意になるまで頑張っていきましょうね。

そのために、ここでお伝えした、「勉強するやる気を起こす5つの方法」を、ぜひ実施してみてください。 そして続けていけば、勉強が得意になって、楽しくなってきて、やる気を持ってできるようになりますよ!


 

勉強が得意になる方法(効率よく覚える方法)

 

勉強をする「やる気」が起きない理由の1つに、「勉強がつまらないから(苦手だから)」という理由があります。 そこで、勉強が得意になるために、「効率よく覚えていく方法」をお伝えします。

どうせ勉強をするなら、効率よく覚えて行った方が良いですし、覚えて分かるようになると、勉強も楽しくなってくるので、ぜひ実施してくださいね。



効率よく覚える4つの方法!
 

1つ目 : 勉強の仕方によって、記憶の定着率は大きく変わる。
2つ目 : 繰り返し行うことで、覚えることができる。
3つ目 : 集中して覚えていくこと。
4つ目 : 予習をすること。




1.勉強の仕方によって、記憶の定着率は大きく変わる
 

勉強の仕方によって、「どれくらい覚えられるのか」という記憶の定着率が変わってきます。 具体的には、下記の画像をご覧ください。

ラーニングピラミッド


この画像は、「ラーニングピラミッド」と言って、記憶の定着率を表したものです。 もちろん、上記のパーセンテージ(それぞれの項目の記憶の定着率)は、すべての人にとって一致するわけではないと思いますよ。

ただ、これはとても参考になるもので、注目ポイントは、「見たり聞いたりしただけでは、ほとんど覚えることはできない」ということです。


まず、学校の授業などの「講義」では、5%しか覚えることができません。 また、教科書や参考書を読むこと(読書)は、10%しか覚えることができませんし、ビデオを見ること(視聴覚)も、20%しか覚えることができません。

そして、実験やデモンストレーションなどの「実演」を見たとしても、30%しか覚えることができないのですよね。

つまり、見たり聞いたりしただけでは、人は、ほとんど覚えることができない(記憶の定着率がとても低い)ということです。


逆に、人との「討論」をすると、記憶の定着率は50%に上がりますし、自分が実践(体験)をすると、記憶の定着率は75%まで上がります。 さらに、「人に教える」ということをすると、記憶の定着率は90%になるのです!

つまり、「見たり聞いたりしただけでは、人は、ほとんど覚えることができないけど、 実際に体験したり、人に教えることによって、記憶の定着率は一気に高くなる!」ということですね。

記憶の定着率は、覚え方によって全然変わってくる!


僕は学生のころ、学校の授業は聞いているだけでしたが(実際にはほとんど聞いていませんでしたが…)、 授業を聞いていたとしても、記憶の定着率は、たったの5%しかないということです。

これでは、僕が勉強ができなかったのは、当然ですよね。。。


だから、学校の勉強を効率よく覚えていくためには、授業を聞いたり、教科書を読むことよりも、 「実践する(問題を実際に解く)」ということが、とても重要になってきます。

そして、実際に問題を解いて、覚えたことを人に話す(人に教えてあげる)、ということがポイントです。 「人に教える」というのは、記憶の定着率が90%もあるので、これで確実に覚えることができますよ。


実際に、授業を聞いたり、教科書を読んだり、Youtube の講義を聞いたりすることは、とても簡単なのですよね。 でも、簡単なことをやっていても、実際には、ほとんど覚えることはできないということです。

手間はかかりますけど、効率よく覚えていくためには、実際に自分で問題を解いて、 その内容を人に教えてあげるということが、極めて有効な方法になります。


ちなみに、黒板に書かれた内容をノートに書いても、これはただ単に、 「写しているだけ(メモしているだけ)」であるため、ほとんど内容を覚えることはできないです。

内容を覚えるためには、メモした内容を「ノートにまとめる」ということが必要になります。

「ノートにまとめる」ということは、自分が理解して、自分が分かる形でまとめる必要があるので、 上記のラーニングピラミッドの「人に教える(記憶の定着率90%!)」に近いため、ノートにまとめることはとても効果的です。


このように、記憶の定着率は、覚え方によって大きく変わってきます。

同じ勉強時間で、効率よく覚えていくためには、記憶の定着率が良い方法(問題を解いたり、人に教えること)を行った方が良いに決まっていますよね?

僕は学生時代に、これを知っていれば、もっと良い人生になっていたと思うのですが、、、 仕事でもすごく役に立つので、知っておいて損はありませんし、むしろ、必ず実施していくべきことだと思います。

効率よく覚える方法1.勉強の仕方によって、記憶の定着率は大きく変わる



2.繰り返し行うことで、覚えることができる
 

「繰り返し行うことで覚えられる」というのは、ほとんどの人が自分の体験で気づいていると思いますが、、、 覚えたことというのは、時間が経つと忘れていってしまうものです。

そのため、勉強した内容を覚えるためには、繰り返し行うこと(繰り返し覚えていくこと)が必要になります。


実際に、僕は学生のころ、勉強が嫌いだったので、ほとんど勉強をしていなかったのですが、 勉強をしなければいけないことは分かっていたので、仕方なく、テスト前だけは勉強をしていたのですよね。

でも、前日に、ほぼ徹夜状態で一生懸命に勉強していたのですが、テストの点数はいつも悪かったです。 しかも、テストが終わると、ほぼすべて忘れてしまっていたのですよね。。。


人の記憶というのは、「寝ることで記憶が定着する」と言われています。 だから、「一夜漬けで覚える」というやり方は、ほとんど意味がないということです。

逆に、覚えるつもりがないのに、曲を何度も聞いていると、音楽の歌詞を自然に覚えることができてしまうのは、繰り返し聞いているからです。

だから、寝ないで短時間で覚えようとするのではなく、毎日少しでも良いので覚えることを日々繰り返した方が、効率よく覚えることができますよ。


僕が学生時代に行っていた、「勉強が嫌いだから普段は勉強をしないで、テスト前だけ仕方なく勉強をするという、テストのための勉強」は、 テストが終わったらキレイさっぱり忘れるので、まったく意味がなかったということですね。

テスト前だけ、1日5時間 勉強するよりも、1日30分の勉強を毎日続けた方が、確実に覚えることができますし、 「毎日を積み上げてきた」という経験は、大人になってからも、とても大きな財産になります。

効率よく覚える方法2.繰り返し行うことで、覚えることができる



3.集中して覚えていくこと
 

勉強をするときは、だらだらと、なんとなく覚えていくよりも、集中して覚えていった方が良いです。

ただ、人が集中できる時間というのは、そんなに長くはありません。 人によって、多少は異なりますけど、だいたい45分くらいと言われています。


僕は学生のときに、テスト前だけ、ほぼ徹夜状態で 5時間くらい勉強していましたが、 今振り返って思うと、実際に集中して勉強していた時間は、1時間くらいだったんじゃないかなと思います。

残りの時間は、ただなんとなく机の前に座って、ぼーっとしていた(教科書を眺めていただけ)という感じでした。 繰り返しになりますが、こんなやり方をしていた僕が、いつもテストの点数が悪かったのは当然ですよね。。。


だから、1日45分でも良いので、集中して覚えることを毎日繰り返していった方が、効率よく覚えることができるということです。 大切なことは、「集中して覚えること」であり、「集中して覚えることを繰り返していく」ということですね。

だらだらと5時間 勉強するよりも、1日45分ずつ集中して勉強して、それを1週間繰り返した方が、 ずっと効率よく、多くのことを覚えることができるので、これがポイントになりますよ。

効率よく覚える方法3.集中して覚えていくこと



4.予習をすること
 

人は、自分の分からないことは「つまらない」と思いますし、自分が分かることは「楽しい」と思うものです。

だから、学校の授業の前に、「予習をしておく」というのは、とても有効な方法です。 予習をしておくことで、学校の授業を受けたときに、「あ、これ知っている!」という形になり、授業が楽しくなるからです。


ちなみに、「予習」と言っても、授業で教えてもらえる内容を、事前に一生懸命に勉強する必要はありません。

大切なことは、「なんとなく知っている」という状態にしておくことです。 だから、教科書を一通り、目を通しておくだけでも、全然違いますよ。


学校の勉強だけではありませんが、「事前の準備」というのは、仕事でもスポーツでも私生活でも、本当に大きなポイントになるのですよね。

事前の準備をどれだけしておくかで、そのあとの結果が、大きく変わってくるからです。 学校の勉強も、授業の前に、教科書に目を通しておくだけで、そのあとの結果が本当に大きく変わってきますよ。


事前に教科書に目を通しておけば、全体の内容がなんとなく分かりますし、イメージもしやすくなります。

「予習をしておくこと」、「事前の準備をしておくこと」は、これからも一生使える、 結果を出すための大きなノウハウになるので、ぜひ実施していきましょうね。

効率よく覚える方法4.予習をすること



このように、勉強というのは、ただやるよりも、脳の仕組みを知って、効率の良いやり方で行った方が、たくさんのことを覚えることができます。 そして、この方法は、仕事でもスポーツでも私生活でも、どんなことでも使えますよ。

本当に、一生使えるノウハウになりますし、人よりもたくさんのことを知って、人よりもデキるようになると楽しくなるので、 人生を楽しく過ごすことができるノウハウでもあります。


僕はずっと、無駄な時間の使い方(効率の悪い勉強の仕方)をしてしまったので、本当に後悔をしているのですが、、、 ここでお伝えした「効率よく覚える方法」が分かって、実践してから、人生が豊かになっていきました。

ぜひ、この情報を参考にしていただいて、自分にとっての最適なやり方で行っていくようにしましょうね!


 

完ぺきを求めなくて良い
(100点を取ろうとしなくてよい)

 

最後に、勉強に対して、もう1つだけお伝えしたいことは、「100点を取ろうとしなくてもいい」ということです。

もちろん、100点を取ることに越したことはないですよ! でも、「まったくミスがない完ぺきなデキである100点満点」を狙って取ろうとすることは、とても大きな時間と労力がかかるので、あまり効率的ではないのですよね。

100点満点を狙うことは、あまり効率的ではない


具体的には、短い勉強時間で、90点や95点を取ることの方が、ずっと簡単にできます。

でも、「少し間違えている95点」から、「完ぺきなデキである100点」にすることは、 たった5点の差ですが、その5点を取るために、かなりの労力が必要になります。


仕事でも、「完ぺきなデキ」を求めて仕事をする人がいるのですが、ものすごく時間がかかりますし、 しかも、本来の本質とは違うところまで仕上げようとしてしまうことがあるので、効率が悪いのですよね。

もちろん、仕事にもいろいろな種類があり、「完ぺきなデキ」が求められる仕事もあるのですが、 「まったくミスのない完ぺきな内容」で行うことは、とても多くの時間と労力が必要になるということを、知っておいてください。


だから、学校の勉強でも、効率を求めるのであれば、100点満点を狙って取ろうとするのではなく、 90点や95点を量産していく方がずっと簡単にできますし、その結果、テストで100点を取れることもあります。

人それぞれの考え方によってしまうかもしれませんが、時間には限りがありますし、学校の勉強がすべてではないのですから、 個人的には、100点を狙って勉強するよりも、効率よく90点や95点を量産していく方法を、おすすめしますね。

短い時間で、90点を量産することの方がずっと簡単


テストの点数というのは、自分の頑張りと実力を知れる「結果」ではありますけど、 結果(点数)よりも大切なことは、「日々の積み重ね」です。

毎日、少しでも良いので、集中して積み上げてきたという「過程」が、自分の今後の人生において、本当に大きな財産になりますし、 周りを見ていても、日々の積み重ねをしている人の方が、人生で大きな結果を出していますよ。

日々の積み重ねができる人が、勉強だけでなく、他のいろいろなこともできるようになっているので、 1つの考え方ではありますけど、良かったら参考にしてくださいね。


 

勉強する「やる気」が起きない!やる気を出して得意になる勉強法のまとめ

 

「勉強する「やる気」が起きない!やる気を出して得意になる勉強法」のコンテンツは、いかがでしたでしょうか?

僕が学生時代、ほとんど勉強をしなかった理由(やる気が出なかった理由)は、 「なんのために勉強するのかが分かっていなかった」ということが、大きかったと思います。


テストで良い点数を取るためだけに勉強をしていたので、テストが終わったら勉強したことを忘れていましたし、 「別に、テストで良い点数を取れなくても、人生に影響はない」と思っていました。

自分自身で、「勉強をする意味」が分からなかったので、これでは、勉強をする気持ちにならないのは当然ですよね。

やる気が出ないから、やる気が出るまで待っていたけど、やる気が自然に出ることはない


さらに、僕が勉強をする気持ちにならなかった理由は、勉強がつまらなくて、勉強が苦手だったからです。 だから、読んでいて楽しい漫画や、自分でもできるから楽しいゲームばかりやっていました。

でも、何かが得意になるためには、最初は辛かったとしても、それを乗り越えて、分かるまでやっていくしかないのですよね。 自分が分かるようになることで、だんだん楽しくなってきますし、勉強をする気持ちにもなってくるからです。

そのために、ここでお伝えした、「効率よく覚える方法」は本当に役に立つので、ぜひ実施してみてくださいね。

僕も、この情報を学生時代に知っていれば、もっと人生が楽しかったと思うので、、、本当に残念です。。。


僕は、大人になってからよく分かったのですが、初めてやることは分からないし、できないのは当然なのですよね。 でも、その初めの分からない段階で、「つまらない・やりたくない」と諦めていたら、何をやってもできない人間になってしまいます。

特に、大人になってからやる「仕事」は、最初はできなくて、つまらないことばかりですよ。 僕は、サラリーマンの新入社員として、システムエンジニアの仕事に就いたのですが、最初は分からないことばかりで、本当に辛かったです。

でも、その辛い期間を乗り越えて、分かるようになってくると、仕事が得意になって、だんだんと楽しくなってきます。 その結果、人生でたくさんのものが、得られるようになってくるのですよね。

辛い期間を乗り越えて、得意になるから、楽しくなってくる!


だから、勉強も一緒で、最初は分からなくて つまらないけど、「分かるようになるまで続けて、得意になる」ということは、 今後の人生でも、極めて大切な要素になるということです。

本当に、最初の辛い時期を乗り越えて、得意になるまで続けられるかどうかが、人間の結果の差になりますよ。


いきなり勉強ができるようになって、テストで良い点数が取れて、楽しくなるわけではないので、ここでお伝えした、 「勉強するやる気を起こす5つの方法」や「効率よく覚える方法」を実施して、ぜひ勉強が得意になっていきましょうね!

勉強は、これからも一生続けていくものですし、知識があればあるほど得をすることが多くて、人生も豊かになっていくので、 ここでお伝えした、一生使えるノウハウを、ぜひ覚えておいていただけたらと思います。


 

【よく読まれている関連記事】

【おすすめコンテンツ】
 
会員制サイドビジネス講座
 
私がお金を稼ぐ理由 ~ お金を持ったときのメリット ~
 
インターネットで月20万円の収入を継続して稼ぐ方法
 
初心者用ホームページテンプレート
 

インターネットビジネスのすごさを認識してください
 
動画で覚える無料ホームページ作成講座
 
FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資
 
ホームページが作れる能力は、最高の能力
 



当サイト限定の「プレミアム動画」を無料でプレゼント!

 

価値が高かったため、当サイトで無料で公開することができなかった動画があります。 その「プレミアム動画」を、期間限定で、無料でプレゼントしています。

⇒ 5つの「プレミアム動画」の無料ダウンロードはこちらから!



初心者がインターネットで月20万円の収入を得るための講座

 

インターネットで収入を得るために、必要な「技術」や「スキル」を身につけられる講座が、会員制サイドビジネス講座です。 今まで1600名以上の方に参加していただき、たくさんの初心者の人がホームページを作れるようになり、そのホームページで収入を得られるようになっている「実績」があります。

⇒「会員制サイドビジネス講座」の詳細はこちらから!



 
 

 
 
NPO法人 推薦状
 
NPO法人からの推薦

 
NPO法人「起業とキャリア支援センター」様からの推薦を受けて、運営しています。
 
収入を得る最短コース
 
会員制サイドビジネス講座

 
インターネットを使って、 月20万円の収入を得るために、必要な知識と技術を身につけることができる、会員制のサイドビジネス講座です。

これが、インターネットを使ったサイドビジネスで、収入を得るための最短コースになります。
 
おすすめ副業ランキング
 
ホームページの作り方
 
初心者に最適なサイトの作り方!無料ホームページ制作講座

 
ホームページの作り方を、動画で見ながら覚えることができる無料の講座です。

インターネットを使ったサイドビジネスで収入を得るためには、「ホームページを自分で作れること」が必要になるので、このサイトが役に立ちます。
 
副業の基礎知識
 
FXで資産運用
 
FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資!

 
FXの取引方法や、資産運用のやり方を、動画で見ながら覚えることができる無料の講座です。

投資には、複利の力で、お金を加速させて、増やすことができるというメリットがあります。

インターネットビジネスで自動で収入を得られる仕組みを作って、そこで得たお金を、投資に回して、複利の力でお金を増やしていくようにしましょう。
 
成長するための考え方
 
ビジネスに対する考え方
 
インターネットビジネス
 
 
Copyright © 空いている時間で副収入を得よう!おすすめ副業ランキング! All rights reserved.
 
トップページネット副業人生の考え方人気者になる方法お金を稼ぐ方法
プロフィール特定商取引法お問い合わせサイトマップ
 
^