人生で後悔すること

プロフィール 特定商取引法 お問い合わせ サイトマップ  
 
トップページ ネット副業 人生の考え方 人気者になる お金を稼ぐ方法
 
 
副業の基礎知識 ★★ 副業一覧リスト 収入を得る最短コース
 
ネット副業の日記 情報商材ランキング よくいただく質問
 
トップページ > 人生の考え方(幸せと成長法) >

人生で後悔する7つのこと
死ぬときに持っていける2つのもの

 
人生で後悔する7つのこと|死ぬときに持っていける2つのもの
 

人生で人が後悔する7つのこと

 

一度しかない人生を生きるのであれば、あとで後悔はしたくないですよね。

「あのときにこうしておけばよかった…」と思っても、時間を戻すこと(昔に戻ること)はできないからです。

そのため、人が人生で、「何に後悔することが多いのか」ということを、知っておくことも必要だと思います。 人が後悔していることを知ることで、後悔しない人生を送れる可能性が、高くなります。

後悔しない人生を送るために必要なこと


実際に、「人が人生で後悔していること」は、次の7つの後悔が多い、ということが分かりました。 後悔しない人生を送るために、ぜひ参考にしてくださいね!



人が人生で後悔する7つのこと
 

1. もっと自分らしく生きていればよかった
2. もっと穏やかな気持ちで過ごせばよかった
3. もっといろいろなところに行けばよかった
4. 仕事ばかりをしていた(時間を無駄にした)
5. もっと健康を大切にしておけばよかった
6. もっと子どもと一緒にいればよかった
7. もっといろいろなことに挑戦すればよかった




人生の後悔1.もっと自分らしく生きていればよかった
 

「もっと自分らしく生きていればよかった」という後悔は、たとえば、相手のことを気にしすぎて、 言いたいことが言えなかったり、人の目を気にして、自分のやりたいことができなかったこと、などです。

本当は飲み会に行きたくないのに、周りに合わせて行ったり、本当は着たい服や やりたいことがあるのに、 周りの目を気にして、それをしなかったという形ですね。


日本人はモラルがあって優しいので、空気を読んで、人に合わせようとする傾向があります。

そのため、自分が死ぬときになって、「自分に嘘をつくのではなく、もっと自分らしく生きればよかった」や、 「他人がどう思うのかを気にしないで、自分のやりたいことをやればよかった」と思う人が多いようです。

他人が考えた、他人を満足させる行き方をするのではなく、一度しかない「自分の人生」なのですから、 自分らしく、自分という人間のままに生きた方が良いのかもしれませんね。

人生の後悔1.もっと自分らしく生きていればよかった



人生の後悔2.もっと穏やかな気持ちで過ごせばよかった
 

「もっと穏やかな気持ちで過ごせばよかった」という後悔は、たとえば、くよくよと悩んでばかりで、 いつも気分が落ち込んでいたり、他人に対してイライラして、いつも怒った気持ちで過ごしていた、などです。

特に、現在はたくさんの情報で溢れていますし、SNSには、「リア充」をアピールしている人たちがたくさんいます。 そのような楽しそうな写真を見て、他人を羨ましく思って落ち込んだり、気に入らない写真や文章を見て、イライラした気持ちになるという形ですね。


実際に、人によっては、何もしていない人を見つけたら、「生きる価値がない」とさげすみ、 何かをしようとしている人を見つけたら、「どうせうまく行くはずがない」と否定する人もいます。

また、失敗した人を見つけたら、「やっぱりね。そうなると思ったよ」といきがり、 成功した人がいたら、「早く失敗しろ」と 転落することを望む人もいます。


ただ、もしこのような気持ちを持ったとしても、自分の人生が終わるときになったら、 「何もならないことを求めていた。もっと穏やかな気持ちで過ごせばよかった」と、意味のなかったことに後悔する人が多いようです。

僕も、若いときは怒りっぽかったので、反省していますが、、、感情的になって、怒りと恨みと妬みの気持ちを 常に持ちながら生きていると、「良い人生だった」とは思えないのかもしれませんね。

それよりも、お世話になった人に対して、「ありがとう!」と言うことができた人生の方が、良い人生だったと思えるのかもしれません。

人生の後悔2.もっと穏やかな気持ちで過ごせばよかった



人生の後悔3.もっといろいろなところに行けばよかった
 

地球はとても広くて、世界遺産に登録されている数だけでも、1,000件以上あります。 そのため、「もっとたくさんのところに旅行に行きたかった。もっとたくさんの物や景色を見たかった」と後悔する人が多いそうです。

ちなみに僕の場合は、旅行に興味がないため、旅行に行きたいと思わないのですが、、、年齢が高くなるにつれて、 体力面で、行きたくても行くことができない場所もあるかもしれないため、あとで後悔をするのかもしれませんね。


世の中には、自分が見たことがない素晴らしい景色や場所 が、たくさんあるはずなので、 「もっと地球上のいろいろなところに行けばよかった」と多くの人が思うのは、当然なのかもしれません。

人生の後悔3.もっといろいろなところに行けばよかった



人生の後悔4.仕事ばかりをしていた(時間を無駄にした)
 

「仕事ばかりをしていた」という後悔は、趣味や家族と一緒にいる時間よりも、 仕事が優先されてしまい、仕事ばかりをしていた人生になってしまった、ということです。

もちろん、生きていくためにはお金が必要なので、仕事は大切ですよ。

でも、あまりに仕事をしていた時間が多すぎると、人生を終えるときに、 「仕事ばかりするのではなく、もっと他のことに時間を使えばよかった」と後悔してしまうそうです。


また、仕事中は、ただ職場にいるだけで、これと言った目標もなく、時間だけが過ぎていた人や、会社の歯車として他人のために働き、 仕事をしすぎて体調を壊してしまった場合も、「俺の人生は何だったんだろう」と後悔してしまうそうです。

自分の人生の大半が、仕事をしていた時間になり、その時間が意味もなく過ぎていたような時間だと、 「もっと人生の時間を有効に使えばよかった」と思うのかもしれませんね。

人生の後悔4.仕事ばかりをしていた(時間を無駄にした)



人生の後悔5.もっと健康を大切にしておけばよかった
 

「もっと健康を大切にしておけばよかった」という後悔は、たとえば、自分の好きなもの(甘い物や味の濃い物)ばかりを食べたり、 運動をしなかったことによって、健康に問題が出てしまったことによる後悔のことです。

もちろん、自分の寿命というのは、誰にも分かりませんよ。

でも、人生の途中で、病気や不自由な生活になってしまった場合に、「タバコを止めておけばよかった」や 「健康のためにもっと運動をしておけばよかった」と後悔する人が多いそうです。


健康というのは、失って初めて、「健康の大切さ」が分かります。

普段、当たり前のように生活できていたことが、健康に問題が出てしまうことで、当たり前ではなくなってしまうため、 人生を生きていく上で、健康というのは本当に大切なのかもしれませんね。

人生の後悔5.もっと健康を大切にしておけばよかった



人生の後悔6.もっと子どもと一緒にいればよかった
 

「もっと子どもと一緒にいればよかった」という後悔は、子どもの父親になった人が、よく持つ後悔のようです。

子どもは、いつか自立していきますし、子どもが小さいときも、本当にわずかな時間です。 その子どもが一番?可愛いときに、仕事などで なかなか一緒にいることができないと、「もっと子どもと一緒にいればよかった」と思うのかもしれませんね。


あと、子育てというのはとても大変であり、日々の生活だけで精一杯になってしまうものです。

目まぐるしく時間が過ぎ去ってしまうため、子どもと一緒にいる時間は長かったとしても、 「もっと子どもと楽しい思い出を、たくさん作ればよかった」と後悔する人もいるそうです。

実際に、あまりに忙しすぎると、そのころの思い出というのは、けっこう忘れてしまうものですからね。


人が死ぬときに持っていけるものの1つが、「愛情に溢れた思い出」です。

お金や車や不動産は、死ぬときに持っていくことができない(すべて失う)のですが、「愛情に溢れた思い出」は、 心に刻まれているため、死ぬときに持っていくことができます。

子どもと一緒にいた愛情に溢れる思い出や、大切な人と一緒にいた愛情に溢れた思い出は、 人が死ぬときに持っていける大切なものなので、それを手にしないと、死ぬときに後悔してしまうのかもしれませんね。

人生の後悔6.もっと子どもと一緒にいればよかった



人生の後悔7.もっといろいろなことに挑戦すればよかった
 

人生の後悔の中で、大半の人が持つ後悔が、この「もっといろいろなことに挑戦すればよかった」という後悔です。

たとえば、「勇気が出なくて、好きな人に想いを伝えなかった」や、「失敗を恐れて、やりたかったことに挑戦しなかった」などですね。 また、「目標を達成できるように、もっと頑張れば良かった」や、「リスクを恐れて、何も変えようとしなかった」などもあります。


なぜ、ほとんどの人(9割くらいの人というデータもある)が、このような後悔を持つのかと考えたのですが、 きっと、「結果が分からないまま終わったから」だと思います。

たとえば、「好きな人に想いを伝えなかった」という後悔は、もし想いを伝えていたら、「うまく行った or うまく行かなかった」という結果が出ますよね? でも、想いを伝えなかったことで、何も結果が分からないまま終わってしまっています。

「失敗を恐れて、やりたかったことに挑戦しなかった」という後悔も、もしやっていたら、「うまく行った or うまく行かなかった」という結果が出るはずです。 でも、やらなかったのですから、何も結果が分からないまま 終わってしまってしまいました。


一度しかない人生で、「自分は何ができたのか」とのことが、自分で分からないまま人生が終わってしまうのは、やはり後悔すると思います。

もし失敗しても、自分で挑戦して出た結果が分かりますし、「やらないまま終わるよりも、やって良かった!」という満足感も得ることができますよね?

まして、死ぬときに、「自分が挑戦して失敗したこと」というのは、大した意味を持たないのですから、 やっぱり、やった方が良い(挑戦した方が良い)ということです。

人生の後悔7.もっといろいろなことに挑戦すればよかった


ここでお伝えした、「人生で人が後悔する7つのこと」は、後悔をしない人生を送るためのヒントになるはずです。

僕も、過去を振り返ってみると、後悔していることばかりなので、、、これからは、後悔しない人生を送っていくために、自分を変えていきたいなと思っています。


 

人が死ぬときに持っていける2つのもの

 

では、人が死ぬときに持っていけるものは、何があるでしょうか。

実際に、人が死ぬときに持っていけるものは、とても少ないです。 たとえば、お金や車や不動産などの「物」は、死ぬときに持っていくことができませんよね?

また、大切な人や、自分のことを慕ってくれていた人も、死ぬときに一緒に付いてきてくれるわけではありません。

では、人が死ぬときに何を持っていけるのかというと、「挑戦したという満足感」と「愛情に溢れた思い出」の2つです。



人が死ぬときに持っていける2つのもの
 

1. 挑戦したという満足感
2. 愛情に溢れた思い出




死ぬときに持っていけるもの1.挑戦したという満足感
 

まず、1つ目の「挑戦したという満足感」というのは、たとえば、新しい仕事に挑戦したり、 自分でビジネスを立ち上げたことなど、自分が挑戦したことによって得られた満足感のことです。

また、テニスやスキューバダイビング、登山やダンスや絵を書くことなど、 今までにやったことがないことに挑戦して、得られた気持ちも、「挑戦したという満足感」になります。


人が死ぬときに後悔することで、最も多いのは、「もっといろいろなことに挑戦すればよかった・・」ということです。 だから、逆に言えば、人生で自分がやりたかったことに挑戦していれば、後悔しない人生になる可能性が高くなる、ということですよね?

もちろん、何かに挑戦して、うまく行かないこともあるかもしれませんよ。 でも、自分で決断して挑戦したことなのですから、きっと納得できると思います。


一度しかない人生なのに、うまく行ったのか、うまく行かなかったのか、、、何も分からないまま人生が終わってしまったら、きっと後悔すると思いませんか?

それよりも、「挑戦したけどうまく行かなかった。でも自分で決めたことだから後悔していない!」や 「挑戦して素晴らしい人生になった。挑戦して本当に良かった!」という気持ちを持っていた方が、ずっと良い人生になると思います。

このような「挑戦したという満足感」は、自分が死ぬときに持っていくことができる、自分の心に刻まれた最高の宝物になりますよ。

死ぬときに持っていけるもの1.挑戦したという満足感



死ぬときに持っていけるもの2.愛情に溢れた思い出
 

そして、2つ目の「愛情に溢れた思い出」というのは、自分の大切な人や家族、 子どもと一緒に過ごすことで得られた、かけがえのない思い出のことです。

たとえば、これは、アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズが、がんで亡くなる前に言っていた言葉ですが、、、

「私はビジネスの世界で成功の頂点に到達した。 しかし、私が得た富や名声は、死を目の前にしたら色あせていき、何も意味をなさなくなっている。 人を雇ったり、代わりに行ってもらうことはできるが、病気に代わりになってくれる人はいない。

人生において十分な富を得た後は、富とは関係のない別のことを追い求めた方が良い。 私が持っていける物は、愛情に溢れた思い出だけだ。」

と言っていました。


世界で最も革新的なことを成し遂げた成功者が、 「富や名声は何も意味をなさなくなる。持っていける物は、愛情に溢れた思い出だけだ」と言っているのです。

人生において仕事は大切なものですし、生きていくために お金は必要なものですが、それだけでは足りない、ということが分かりました。

「挑戦したという満足感」だけでなく、大切な人や家族、子どもと一緒に過ごした「かけがえのない思い出」が、 心に強く刻まれて、死ぬときに一緒に持っていくことができるということですね。

死ぬときに持っていけるもの2.愛情に溢れた思い出



人が死ぬときは、「物」を持っていくことができません。 人が死ぬときに持っていけるものは、「自分の心に刻まれた気持ち」だけです。

そして、その気持ちの中でも、自分が死ぬときに持っていけるものは、心に刻まれている 「挑戦したという満足感」と「愛情に溢れた思い出」の2つということが分かりました。

だから、この2つの気持ちを心に刻み込むことができるように、限りのある人生を、大切に生きていく必要がありますよね。


 

自分自身の生き方を見直した

 

「人生で後悔する7つのこと」「死ぬときに持っていける2つのもの」を知って、僕は、「今のままでは死ぬときに後悔する・・」と思いました。

そこで、自分の人生を見直した結果、僕は次の3つのことを一生懸命にやると決めました。 参考程度に、お伝えさせていただきますね。



僕が人生でやると決めた3つのこと
 

1. 仕事を一生懸命にやること
2. 子どもとできる限り、一緒にいること
3. 趣味(野球)がうまくなるように努力すること




人生でやること1.仕事を一生懸命にやること
 

まず、1つ目の「仕事」についてですが、「仕事ばかりをしていた人生」では、死ぬときに後悔することは分かっています。 でも、生きていく上で、お金は必要なものですし、そのお金を稼ぐことができる仕事は、人生において、とても重要なものです。

また、仕事を頑張ることで、生きていくために必要なお金を得られるだけでなく、「挑戦したという満足感」も得ることができます。 だから僕は、仕事は一生懸命に頑張ろうと決めました。


僕は、26歳でサラリーマンを辞めて独立して、最初の2年は苦しみましたが、28歳で大きな収入(月250万円)を得られるようになりました。

ただ、そのあとは、少しやる気がなくなってしまったのですよね。 ゲームをやったり、だらだらと過ごしたり、「仕事も現状維持で良い」と思って、あまり頑張っていませんでした。


でも、生活できるだけの収入を得られていたとしても、このまま、だらだらとした意味のない時間が流れる生活を送っていたら、 自分という人間が、本当はどこまでできる人間だったのかが、分からないまま人生が終わってしまいます。

一度しかない人生で、自分の限界が分からないまま死ぬのはイヤだと思いましたし、 死ぬときに持っていくことができる「挑戦したという満足感」も、得ることができません。

僕は2年くらい、だらだらとした無駄な時間を過ごしてしまったので、もう二度と同じ過ちを繰り返さないように、 「仕事を一生懸命にやる。そして自分がどこまで成長できるのかを確かめる!」と心に強く決めました。

人生でやること1.仕事を一生懸命にやること



人生でやること2.子どもとできる限り、一緒にいること
 

2つ目の「子どもとできる限り、一緒にいること」については、 僕の子どもには、僕のような失敗した人生を送ってほしくないと思ったからです。

僕は、とにかく頭が悪くて、考えることが嫌いな人間でした。 その結果、人生でたくさんの失敗をしてきましたし、良い人生を送ることができませんでした。

僕の子どもには、僕のような人生を送ってほしくなかったので、たくさんのことを子どもに伝えたいと思いましたし、 僕自身も、大好きな子どもと、できる限り一緒にいたかったので、このような目標を決めました。


そこで僕が行ったことは、自分の仕事を見直すということです。

具体的には、「従業員を雇わないで、1人で仕事をしていく」と決めましたし、事務所も持たない(家で仕事をする)ようにしました。 また、月次課金の仕組みを作ることで、毎月安定してお金が入ってくる仕組みも作りました。

子どもと一緒にいることができる時間を確保するために、僕の仕事を見直すことで、子どもと一緒にいる時間を作ったという形です。


そして、仕事を見直すことで、子どもと一緒にいれる時間は、かなり作ることができましたよ。 僕にとっては、本当に大切な、「愛情に溢れた思い出」です。

子どもは、いつか自立していきますが、それまではできる限り一緒にいて、たくさんのことを伝えたいと思っていますし、 このサイトも、僕の経験を子どもに伝えるために作成したという形です。

人生でやること2.子どもとできる限り、一緒にいること



人生でやること3.趣味(野球)がうまくなるように努力すること
 

最後に、3つ目の「趣味(野球)がうまくなるように努力すること」については、やっぱり、 自分がどこまでできる人間なのかを、自分で確かめてみたかったんですよね。

僕は中学生まで野球をやっていて、それから20年間、野球をやっていなかったのですが、35歳になってまた野球を始めました。 相変わらず下手で、僕よりも野球が上手な人はたくさんいますけど、それでも自分が頑張って、どこまでうまくなれるのかを確かめてみたいと思いました。


挑戦しないと、死ぬときに後悔することは分かりましたし、「今から始めても遅い」や「もう間に合わない」という言葉は、どうでも良いことです。

事実として、今日の自分が、これからの自分の人生の中で一番若いので、今 始めることが「最も早い」ということですよね。

だから、趣味(僕の場合は野球)を精一杯やって、どこまでうまくなれるのかを自分で知りたいと思い、このような目標を決めました。 そして、スポーツは健康にも役立っているはずなので、一石二鳥かなと思っています。

人生でやること3.趣味(野球)がうまくなるように努力すること



僕は、この3つのこと(仕事・子ども・野球)だけをやると決めました。 だから、逆にいえば、「この3つ以外のことはやらない」ということです。

たとえば、無駄に服を買ったり、ゴルフに行ったり、好きだった夜中のスポーツニュース(テレビ)などを見ることも止めました。 大学の同級生と、年に一回の新年会だけ飲みに行きますけど、それ以外は、友だちと遊んだり飲みに行くこともありません。

「人生で後悔する7つのこと」「死ぬときに持っていける2つのもの」を知って、自分の人生を見直した結果、 この3つのやることを決めたのですから、それ以外のことはやらない、ということですね。


僕は、人生では、やることを決めることも大切ですけど、やらないことを決めることも大切だと思いました。 その方が、フラフラしませんし、自分が研ぎ澄まされるのですよね。

「これしかやらない!これ以外やらない!」と決まっていた方が、やることを全力で行うことができるようになりますし、 周りや他の人のことが、気にならなくなりますよ。

僕の低い能力では、同時にできることは3つまでだと思いましたし、これ以上増やすと、 全部が中途半端になってしまうので、、、自分の決めたことだけを、これからも全力で やっていくつもりです。


 

【まとめ】後悔しない人生を送る方法

 

「人生で後悔する7つのこと」「死ぬときに持っていける2つのもの」のコンテンツは、いかがでしたでしょうか?

もちろん、人が死ぬときに後悔することは、人それぞれで異なるとは思います。 ただ、「もっといろいろなことに挑戦すればよかった」という後悔は、ほとんどの人が持つ後悔みたいですよ。

挑戦しなければ、何も分からないまま終わってしまう(結果が分からない)ので、多くの人が、「あのときにやっておけば良かった…」と思うみたいですね。

人が人生で後悔することは、もっといろいろなことに挑戦すれば良かったということ!


あと、僕にとって衝撃的だったのは、世界で最も革新的なことを成し遂げた成功者(スティーブ・ジョブズ)が、 「人生において十分な富を得た後は、富とは関係のない別のことを追い求めた方が良い」と言っていることでした。

僕はこれを聞いて、「仕事を一生懸命にやるだけでなく、愛情に溢れた思い出も必要なんだ」ということに気づきました。 そのために、自分の生き方を見直して、家族や子どもと、できるだけ一緒にいるようにしたという形ですね。

愛情に溢れた思い出は、僕がまったく持っていなかったものなので、、、今、作っている最中になります。


そして、やっぱり大切だと思ったことは、時間を無駄に過ごさないで、1日1日をしっかりと生き切るということだと思いました。

僕の人生を振り返ると、「なんであんなに無駄な時間を過ごしたんだ…」と思うことがたくさんあり、本当に後悔しているのですよね。 でも、過去に戻ることはできないので、これからの人生で一番若い今、頑張るしかありません。

もう二度と、以前のような堕落した人生は送りたくないので、 「一度死んで運良く生き返った」という二度目の人生を送っているという気持ちで、今、頑張っています。


人の命には限りがあるので、人はいつか必ず死を迎えます。 そして、一度しかない人生なのですから、後悔だけはしたくないですよね!

僕は、自分の人生をとても後悔しているので、自分の子どもには、同じ後悔はさせたくないと思い、この文章を書きました。 たくさんの人にとっても、参考になれば、嬉しく思います。


 

【よく読まれている関連記事】

【おすすめコンテンツ】
 
会員制サイドビジネス講座
 
私がお金を稼ぐ理由 ~ お金を持ったときのメリット ~
 
インターネットで月20万円の収入を継続して稼ぐ方法
 
初心者用ホームページテンプレート
 

インターネットビジネスのすごさを認識してください
 
動画で覚える無料ホームページ作成講座
 
FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資
 
ホームページが作れる能力は、最高の能力
 



当サイト限定の「プレミアム動画」を無料でプレゼント!

 

価値が高かったため、当サイトで無料で公開することができなかった動画があります。 その「プレミアム動画」を、期間限定で、無料でプレゼントしています。

⇒ 5つの「プレミアム動画」の無料ダウンロードはこちらから!



初心者がインターネットで月20万円の収入を得るための講座

 

インターネットで収入を得るために、必要な「技術」や「スキル」を身につけられる講座が、会員制サイドビジネス講座です。 今まで1600名以上の方に参加していただき、たくさんの初心者の人がホームページを作れるようになり、そのホームページで収入を得られるようになっている「実績」があります。

⇒「会員制サイドビジネス講座」の詳細はこちらから!



 
 

 
 
NPO法人 推薦状
 
NPO法人からの推薦

 
NPO法人「起業とキャリア支援センター」様からの推薦を受けて、運営しています。
 
収入を得る最短コース
 
会員制サイドビジネス講座

 
インターネットを使って、 月20万円の収入を得るために、必要な知識と技術を身につけることができる、会員制のサイドビジネス講座です。

これが、インターネットを使ったサイドビジネスで、収入を得るための最短コースになります。
 
おすすめ副業ランキング
 
ホームページの作り方
 
初心者に最適なサイトの作り方!無料ホームページ制作講座

 
ホームページの作り方を、動画で見ながら覚えることができる無料の講座です。

インターネットを使ったサイドビジネスで収入を得るためには、「ホームページを自分で作れること」が必要になるので、このサイトが役に立ちます。
 
副業の基礎知識
 
FXで資産運用
 
FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資!

 
FXの取引方法や、資産運用のやり方を、動画で見ながら覚えることができる無料の講座です。

投資には、複利の力で、お金を加速させて、増やすことができるというメリットがあります。

インターネットビジネスで自動で収入を得られる仕組みを作って、そこで得たお金を、投資に回して、複利の力でお金を増やしていくようにしましょう。
 
成長するための考え方
 
ビジネスに対する考え方
 
インターネットビジネス
 
 
Copyright © 空いている時間で副収入を得よう!おすすめ副業ランキング! All rights reserved.
 
トップページネット副業人生の考え方人気者になる方法お金を稼ぐ方法
プロフィール特定商取引法お問い合わせサイトマップ
 
^