中古住宅のまとめ

プロフィール 特定商取引法 お問い合わせ サイトマップ  
 
トップページ ネット副業 人生の考え方 人気者になる お金を稼ぐ方法
 
 
副業の基礎知識 ★★ 副業一覧リスト 収入を得る最短コース
 
ネット副業の日記 情報商材ランキング 家を購入した体験談
 
トップページ > 家を購入した体験談 >

中古住宅のまとめ!
中古物件のメリットとデメリットと感想

 
中古住宅のまとめ!中古物件のメリットとデメリットと感想
 

【はじめに】そもそも中古住宅とは

 

「中古住宅」とは、誰かが住んでいた家のことを言います。

ちなみに、「注文住宅」と「建売住宅」は、一般的に「新築の家」のことを言うのですが、誰かが一度住むと、注文住宅で建てた家も、建売で建てた家も、それらは、「中古住宅になる」ということですね。

僕は最初、注文住宅で家を建てる形で進めていたのですが、「注文住宅にこだわらなくても良いのではないか」と思い、途中で、建売や中古を含めて、家を探していきました。

そして、実際に、中古住宅もいくつか家の中に入って、見てみましたよ。 その経験で、中古住宅について、分かったことや気づいたことなどがあるので、ここでお伝えしますね。

中古住宅とは


 

中古住宅のメリット

 

中古住宅のメリットは、やはり、「新築よりも値段が安い」ということです。

家というのは、時間が経つと価値が落ちていきますし、誰かが住んだ家というのは、それだけで価値が落ちるものです。 だから、新築に比べると、中古というのは、値段は確実に安くなります。


また、中古住宅は、実際にその家を見てから、家を購入するかどうかを決められることもメリットです。

中古住宅というのは、実際に誰かが住んでいた家であるため、家の中がけっこう傷んでいる場合もあります。 家の中に入って、家の状態を確認してから、買うか・買わないかを決めることができるところが、中古住宅のメリットです。

でも、中古住宅というのは、たまに、住人がまだ住んでいる場合もあるのですよね。。。 僕も、住人がまだ住んでいる状態で、家を見させてもらったことがあるのですが、家具が置かれている状態だと、ちょっと分かりづらいですし、あまりよく見ることもできませんでした。

もちろん、その家に住んでいる住人さんとしては、「誰かに買ってほしい!」ということで家を売り出しているので、家の状態などをじっくり見ても良いのですが、 中古住宅の場合は、「たまに、まだ住人が住んでいる状態で売り出されていることもある」ということを知っておくと、良いかもしれませんね。


あと、中古住宅の場合、住んでいる人は一般の人であるため、価格交渉をすることで、値段を下げてくれるケースがとても多い です。

そもそも、中古住宅を売り出す場合、「売値(販売価格)」というのは、家を売る人が、自分で決めることができます。 そして、家を売る人は、「できるだけ高い値段で買ってもらいたい!」と思うものなので、少し高めの金額で、売り出すことが多いのですよね。

だから、中古住宅の場合は、「その値段で買わなければいけない」ということではなく、価格交渉をすることで、値段を下げてくれるケースが多いということを、知っておいてください。

もちろん、状況にもよりますけど、100万円から200万円くらいは、値段を下げてくれることが多いですよ。


実際に、僕の両親も、中古物件を売り出したことがあったのですが、そのときは、少し高めの「3,680万円」という金額で売り出していました。

両親は、「買ってくれる人がいるなら、3,400万円まで下げてもいい!」と言っていましたけど、購入希望の人から、「3,600万円に下げてくれませんか?」と言われて、喜んで値下げしていました。

中古物件というのは、売る側の人は、「早く買ってほしい」と思って、売りに出している人がけっこう多いので、もちろんすべてではありませんが、価格交渉をすることによって、値下げしてくれることがとても多いというのが、中古物件のメリットだと思います。


中古住宅のメリット
  • 新築よりも値段が安い
  • 実際にその家を見てから、家を購入するかどうかを決められる
  • 価格交渉をすることで、値段を下げてくれるケースがとても多い


 

中古住宅のデメリット

 

一方、中古住宅のデメリットとしては、「状態の良い中古住宅はほとんどない」ということです。

これは、僕が実際に探してみて、よく分かったのですが、売り出される中古住宅で、状態の良いものって本当に少ないんですよ。 僕は、中古住宅も、けっこう長い期間、探し続けたのですが、状態の良い中古住宅は、1つも見つけることができませんでした。

そもそも、中古住宅で築浅のもの(たとえば、築5年など)って、ほぼ出てこないのですよね。 住宅ローンを組んで、家を買って、住んで5年くらいで売り出す人が、そもそもいないからだと思います。

中古住宅


ちなみに、中古住宅で、築10年くらいのものであれば、たまに出てきます。 僕も、築11年の中古住宅で良さそうなものを見つけて、実際に見に行きましたからね。

でも、中古住宅って、住んでいた人によって、家の状態は全然違います。 僕が見に行った築11年の中古住宅は、雨漏りもしていましたし、ウッドデッキはボロボロで、キッチンの状態も、とても悪かったです。

家の雨漏り


「住んで10年で、こんなになっちゃうのか・・」と、けっこう衝撃を受けたのですが、家の外観(外から見た感じ)では良かったとしても、家の中の状態が、あまり良くないものも、実際にあるということです。 (住んでいた人が離婚して売り出した物件みたいで、壁に穴も空いていました・・)

そして、水回り(トイレやお風呂、キッチンなど)を全部リフォームした場合、300万円から500万円くらいのリフォーム代がかかります。

中古住宅というのは、住む前に、リフォームすることがほとんどですが、水回りの状態が悪いと、リフォーム代はかなりかかることを、覚悟する必要があります。


もちろん、築20年くらいで、状態が比較的良い中古住宅も、あると思うのですが、やはりちょっと古さがありますし、家の内部(床下や壁の中など)の状態も分かりません。 だから、中古住宅というのは、本当に難しいと思いました。

僕が探した感覚では、「買っても損するな」と思ったものばかりで、良いと思うものは、1つも出会うことができませんでした。


インターネットで中古住宅を探すと、築30年や築35年などがとても多くて、これだけ築年数が建っていると、解体して、「注文住宅」で家を作ることが、現実的かもしれません。

中古住宅のデメリットは、「状態の良い中古住宅はほとんどない」ということと、リフォームしたとしても、リフォーム代がかなりかかるため、築年数を考えると、「結局、新築の家の値段とほとんど変わらなくなってしまう」ということです。

中古住宅というのは、選ぶことが本当に難しいと、僕は実感しました。


中古住宅のデメリット
  • 状態の良い中古住宅はほとんどない
  • 中古住宅で築浅のものはほとんどない
  • 中古住宅というのは、選ぶことが本当に難しい


 

【まとめ】中古住宅を購入することについて

 

中古住宅は、値段が安いということが、大きなメリットです。 実際に、家というのは、「住んだ直後に価値が1割から2割くらい落ちる」と言われているくらいなので、新築の家と比べると、かなり安い値段で購入することができます。

ただ、実際に中古住宅を探してみると、良い中古住宅って、ほとんどないのですよね。 築5年くらいの中古住宅は、ほぼありませんし、あるのは、築10年から20年くらいの中古住宅がほとんどになります。


そして、築10年くらいの中古住宅を購入して、リフォームをするのであれば、新築を買ったほうが良いと思うのですよね。

戸建ての中古住宅というのは、本当に難しくて、そもそも良いものが少ないですし、リフォームの費用と築年数を考えたら、結局、新築を購入するのと、ほぼ変わらない金額になってしまうということです。


実際に、家というのは、10年くらいに一度、大きな修繕を行った方が良いので、築10年くらいの中古住宅を購入すると、修繕費やリフォーム代で、けっこうなお金がかかりますよ。

そのお金を考えるなら、「新築で買った方がトクなのではないか?」というのが、僕が実際に中古住宅を探してみて、思った感想です。

もちろん、良い中古住宅が見つかれば良いのですが、家の中身(床下や壁の中など)の状態がなかなか分からないので、もし中古住宅を購入する場合は、しっかりと見た上で、購入されることをおすすめしますね。


なお、築30年くらいが建っている中古住宅の場合は、リフォームをするのではなく、解体して、新しく家を建てたほうが良いです。

インターネットで調べると、築30年くらいの中古住宅はとても多いのですが、それは、中古住宅ではなく、「土地を売り出している」と思ったほうが良いですよ。


だから、その中古住宅が建っている場所が良ければ、売主さんに、「新しく家を建てたいので、更地渡し(建物を解体してもらう)にしていただけませんか?」と交渉して良いと思います。

もしくは、「家の解体が必要なので、解体費分を値引きしてもらえませんか?」と言っても良いですよね。


↑建物を解体して、「更地」にしてもらう


築30年くらいの中古住宅であれば、売主さんも、「そのまま住むことは難しいだろうな」ということは分かっているので、このくらいの交渉であれば、飲んでくれることがほとんどです。

どちらにしても、中古住宅というのは、売主さんは、「買ってもらいたい希望の金額」で売り出しているので、その金額で買おうとしないで、必ず値引き交渉はするようにしましょうね!


 

家の購入に関する全コンテンツ


【おすすめコンテンツ】
 
会員制サイドビジネス講座
 
私がお金を稼ぐ理由 ~ お金を持ったときのメリット ~
 
インターネットで月20万円の収入を継続して稼ぐ方法
 
初心者用ホームページテンプレート
 

インターネットビジネスのすごさを認識してください
 
動画で覚える無料ホームページ作成講座
 
FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資
 
ホームページが作れる能力は、最高の能力
 



当サイト限定の「プレミアム動画」を無料でプレゼント!

 

価値が高かったため、当サイトで無料で公開することができなかった動画があります。 その「プレミアム動画」を、期間限定で、無料でプレゼントしています。

⇒ 5つの「プレミアム動画」の無料ダウンロードはこちらから!



初心者がインターネットで月20万円の収入を得るための講座

 

インターネットで収入を得るために、必要な「技術」や「スキル」を身につけられる講座が、会員制サイドビジネス講座です。 今まで1600名以上の方に参加していただき、たくさんの初心者の人がホームページを作れるようになり、そのホームページで収入を得られるようになっている「実績」があります。

⇒「会員制サイドビジネス講座」の詳細はこちらから!



 
 

 
 
NPO法人 推薦状
 
NPO法人からの推薦

 
NPO法人「起業とキャリア支援センター」様からの推薦を受けて、運営しています。
 
収入を得る最短コース
 
会員制サイドビジネス講座

 
インターネットを使って、 月20万円の収入を得るために、必要な知識と技術を身につけることができる、会員制のサイドビジネス講座です。

これが、インターネットを使ったサイドビジネスで、収入を得るための最短コースになります。
 
おすすめ副業ランキング
 
ホームページの作り方
 
初心者に最適なサイトの作り方!無料ホームページ制作講座

 
ホームページの作り方を、動画で見ながら覚えることができる無料の講座です。

インターネットを使ったサイドビジネスで収入を得るためには、「ホームページを自分で作れること」が必要になるので、このサイトが役に立ちます。
 
副業の基礎知識
 
FXで資産運用
 
FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資!

 
FXの取引方法や、資産運用のやり方を、動画で見ながら覚えることができる無料の講座です。

投資には、複利の力で、お金を加速させて、増やすことができるというメリットがあります。

インターネットビジネスで自動で収入を得られる仕組みを作って、そこで得たお金を、投資に回して、複利の力でお金を増やしていくようにしましょう。
 
成長するための考え方
 
ビジネスに対する考え方
 
インターネットビジネス
 
 
Copyright © 空いている時間で副収入を得よう!おすすめ副業ランキング! All rights reserved.
 
トップページネット副業人生の考え方人気者になる方法お金を稼ぐ方法
プロフィール特定商取引法お問い合わせサイトマップ
 
^