良い文章と悪い文章の例

プロフィール 特定商取引法 お問い合わせ  
 
トップページ ネット副業 お金を稼ぐ方法 最高の成長法 投資と資産運用
 
 
副業の基礎知識 副業一覧リスト 収入を得る最短コース
 
ネット副業の日記 情報商材ランキング よくいただく質問
 
 

文章の書き方

インターネットビジネスは、 「文章で内容を相手に伝えるもの」 です。 そのため、人が分かりやすい文章を書くことは、とても大切なことになります。 人が分かりやすい文章の書き方や、人に読んでいただける文章の書き方を学んでいきましょう!




「文章の書き方」の概要

 

・最初に大切なことを書く
・例)アフィリエイトについて書く場合、、
・「たとえ話」を入れること
・難しい言葉は使わない
・人が勉強になるようなことを入れる
・自分がしっかりと理解していないと、うまく文章を書くことができない
・文章を書くネタが無いのは当たり前
・私たちは、「作家」です。
・なぜ、インターネットの仕事は、文章を書くことなのか



「文章の書き方」の内容

 

インターネットビジネスは、「文章で内容を相手に伝えるもの」です。 そのため、人が分かりやすい文章を書くことは、極めて重要になります。 そこで、人が分かりやすい文章の書き方や、人に読んでいただける文章の書き方を、ここで学んでいきましょう。


最初に大切なことを書く

インターネットでは、最初に大切なこと(結論)から書いたほうが良いです。 そして、その後に、内容を詳しく説明していきます。 最初に大切なこと(結論)を書かないと、読むのが面倒になり、訪問者は別のサイトに行ってしまうことがあるからです。

インターネットビジネスの世界は、クリックするだけで、すぐに別のサイトに移動することができますよね。 そのため、訪問したホームページの内容が分かりづらかったら、すぐに別のサイトに行ってしまいます。 だから、分かりやすさを追求するために、結論や大切なことは、最初に書いたほうが良いです。



例)アフィリエイトについて書く場合、、

たとえば、アフィリエイトについて書く場合、「アフィリエイトとは、他の人の商品を紹介して、その商品を買っていただけたら、売り上げの一部を得られるというビジネスモデルのことです。」という感じで、最初に、「アフィリエイトとは何か」を説明して、その後に、詳しく内容を説明するようにしてください。

たとえば、「具体的には、ホームページに企業のアフィリエイトリンクを設置して、そのホームページ経由で商品を買ってくれたら報酬を得られます。なお、アフィリエイト行うためには、ASP (アフィリエイト・サービス・プロバイダー)に登録すると、アフィリエイトリンクをもらうことができます。」というような感じですね。

このような感じで、まず、「アフィリエイトとは何か」を説明し、その後に、詳細を説明していくような流れで文章を書くといいです。

逆に、最初に大切なことや結論を書かないと、人の理解度は、一気に落ちてしまいます。 たとえば、「アフィリエイトはアメリカで開発されたマーケティング手法のことで、日本では1999年に導入された、、、」という感じで、最初に説明から入っていくと、訪問者に何を言いたいのか伝わらず、他のサイトに移動されてしまいます。 だから、最初に大切なこと(結論)を書くようにしましょう。

人の理解度についても、最初に答えが分かってから説明文を読んでいたほうが、読む人は、イメージがしやすくなって理解度も高くなります。 ホームページやメールマガジンで内容を相手に伝えるときは、最初に大切なことや結論を書いて、その後に、詳しく説明していくという流れで、文章を書くようにしましょう!



「たとえ話」を入れること

人は、説明文だけでは、内容を把握しづらいです。 しかし、そこに、「たとえ話」を入れてあげると、一気に理解できるようになります。 「たとえ話」を使える人が、分かりやすい文章を書ける人ということを、覚えておいてください。

たとえば、「インターネットビジネスは、自動化できることが最大の強みです!」と伝えたとしても、「自動化ってなんだろう?」というような感じで、聞いた人には少しイメージしづらいですよね? そこで、たとえ話を入れてあげると、分かりやすくなります。

「たとえば、ホームページは24時間働いてくれます。アフィリエイトの仕組みなら、決済も自動的に行われて、報酬も自動的に支払われます。だから、インターネットビジネスは極めて自動化がやりやすい業種です!」というような感じですね。

このように、たとえ話を入れてあげると、少しイメージがしやすくなると思います。 だから僕も、たとえ話は出来る限り入れるように、心がけています。


「ビジネスは最初が最も辛い!」ということを説明するときも、「たとえば、車は発信をするときに、一番エネルギーを使いますよね?」と説明するようにしています。

また、「事業が安定したときに作業を止めると、後は落ちていくだけ」ということを説明するときにも、「たとえば、飛行機も安定しているときにエンジンを切ったら、後は落ちていくだけですよね?」というように、伝えるようにしています。

たとえ話を入れると、人はイメージしやすくなりますので、できる限り、たとえ話を入れるようにしましょう。



難しい言葉は使わない

難しい言葉は、文章を読んでいる人が疲れてしまいます。 また、難しい言葉が書かれていると、その言葉の意味を考えてしまい、内容が頭に入ってきません。 インターネットでは、難しい言葉はできるだけ使わないようにしましょう。

たとえば、下記のような難しい言葉は、できる限り使わないようにするという形ですね。


【難しい言葉の例】

・ ビジネスを安定させるためには、
  LTV(Life Time Value)を高めることが大切だ。
・ USP(Unique Selling Proposition)を持つことが必要だ。
・ 思考と論理をアジャストすることが重要だ。



このような文章は、読んでいて疲れませんか? そもそも、文章を読む途中で、あまり聞いたことないような言葉があると、その言葉の意味に意識がいってしまい、内容が頭に入って来なくなってしまいます。

たとえば、LTVというのは、「顧客生涯価値」のことで、「1人のお客さんがどれぐらいお金を払ってくれるのか」を表したものです。 でも、このような言い方をせず、ただ単に、「ビジネスを安定させるためには、お客さんにリピーターになってもらうことが大切ですよ!」と、同じ意味で分かりやすい言葉で、伝えれば良いだけですよね。

USPについては、「自社が持つ独自の強み」という意味になるのですが、このような言葉を使わなくても、「他社と差別化することが大切ですよ!」と言ってあげればいいだけです。 「思考」や「論理」も言葉が難しいので、「考え方」という言葉を使えば良いだけですし、「アジャスト」も、「合わせる」や「調整する」のように、日本語を使えば良いだけだと思います。


このように、難しい言葉を書くと、「なんだか俺ってちょっと頭がいいな。」という雰囲気が出るので、使う人がいるのですが、それはただ単に自己満足の世界なのですよね。

ホームページは、100%お客様のために作るものなので、お客様が分かりやすい言葉で、文章を書くことが本当に大切です。 お客様のために文章を書くのに、お客様が理解できなければ、意味がありません。

そもそも、お客様は文章を読む義務はないので、少しでも難しかったり、理解しにくかったりすると、すぐに別のサイトに行ってしまいます。 だから、英語や難しい言葉は、できる限り使わないようにしましょう。



人が勉強になるようなことを入れる

【悪い例】

「今日は米軍基地の花火大会に行きました。花火がとても綺麗でした。焼きそばもおいしかったです。今年の夏は暑いですね。」


悪い例の文章は、このような感じの文章ですね。
一方、良い例は、、、


【良い例】

「今日は米軍基地の花火大会に行きました。花火の値段は、開花した時の直径が150メートルになる花火は、15,000円くらいするとのこと。ただ、開花すると450メートルになる花火は、なんと80万円くらいするらしい。なお、1万発の規模の花火大会の場合、花火や警備などの人件費を全て含めると、5,000万円から1億円ほどの費用がかかる。花火ってお金がかかりますね!」



このような感じの文章ですね。 悪いほうの文章については、その人の感想ばかりで、勉強になるような事が書かれていませんよね? 一方、良い方の例は、お金のことばかり書かれてはいますが、花火の値段に興味を持つ人は結構いるので、読んでいて勉強になると思います。


あとは、自分の体験談や感想付きで文章を書くのも、良いと思います。 たとえば、僕が書いたメールマガジンの編集後記の内容ですが、「花火大会に行った」というネタでも、自分の体験談を入れることによって、他の人にとっても、参考になることが出てくると思います。


先日、ぼくの中では毎年恒例になっている「米軍キャンプの花火大会」に行きました。

僕は中学生の時に、米軍キャンプの中で、毎週、野球の練習をしていました。本当に「アメリカのグラウンド!」という感じで、きれいな芝生やグラウンドで毎週練習をしていたんです。

でも、その時の僕は「恵まれた環境の中で練習ができている」ということを認識できていませんでした。けっこう、イヤイヤ練習をしていたし、できれば「もっと遊びたいなー」って思っていたんです。

米軍キャンプの花火大会に行って、自分が昔、練習していたグラウンドを見ると、いつも後悔します。「もっと頭を使って、今いる時間を楽しんでおけばよかった… 」と。恵まれた、いくら良い環境で練習できていても、自分がそれに、気づいていなかったんですよね。 もっと頭を使って、「どうすれば上手くなるのか?」と言うことを、考えながら生きていれば良かったです。

過去には戻れないだけに後悔しています。今、中学生に戻ったら、もっと真剣に野球の練習をしていますね。(同時に、インターネットビジネスもやるかもしれませんが笑)

と、言うことを、毎年恒例になっている、「米軍キャンプの花火大会」に行くと、思うんです。そして、「過去には戻れないから、同じ後悔だけは絶対にしたくない!」と、心に強く思います。

一日一日を大切にして、日々、成長し続けること。そして、常に頭を使ってどうすれば、「自分はもっと良くなるのか」ということを考え続けること。これが、僕が出した結論であり、これから一生僕が行っていこうと、強く決めていることです。過去の後悔はありますけど、これからは同じ後悔をしたくないので、後悔しない人生を、送っていきたいと思います。



このような感じで、自分の感想や体験談を入れると、人にとって勉強になることもあると思います。 自分が何を感じて、これから何を頑張って行こうということは、他の人にとっても参考になると思います。

だから、「○○に行きました!楽しかった!また行きたいです!」というような文章を書くのではなくて、勉強になることや、自分の体験談などを入れていくようにしましょう。



自分がしっかりと理解していないと、
うまく文章を書くことができない

人にうまく説明できない、文章がうまく書けない理由は、自分がしっかりと理解できていないからです。 たとえば、自分の使ったことがない商品や、よく知らない商品を人に説明することは、とても難しいことです。

人が分かりやすい文章を書くためには、まずその内容を、自分がしっかりと把握しなければなりません。 自分がちゃんと把握していないと、人にうまく説明することができないからです。

たとえば、アフィリエイトをするときに、たくさんお金を稼ぎたいから、よく知らないけど報酬が高い商品を選んでホームページ上で紹介したとします。 でも、自分がよく知らない商品だと、どうやって紹介して良いのか、どのような文章を書いて良いのか分からなくなってしまいます。 それで、仕方がないから、販売ページの文章をコピペして、人が買うのを待っているということが、初心者がよくやってしまうパターンです。

人に商品を紹介するためには、その商品について、しっかりと内容を把握することが大切です。 そのためには、自分で実際にその商品を使ってみて、体験することが一番です。 実際に自分で使ってみれば、その商品の良さや悪いところなど、その商品の特徴が分かりますよね?

人が分かりやすい文章を書くためには、まず自分がその商品のことを理解することが必要になりますので、このことも認識しておいてください。



文章を書くネタが無いのは当たり前

ブログやメールマガジンを書いていると、いつか必ず「ネタ切れ」になります。 新しいことを学ばなければ、書くネタがなくなってくるのは当然のことです。 常に新しいことを学び、学んだことを書くようにしましょう。

人によって、専門知識の量や、知っていることが異なりますが、ブログやメールマガジンを始めたとしても、続けているうちに書くことがなくなってしまいます。 でもこれは、実際やってみるとよく分かるのですが、文章を書き続けることは大変なことです。 頭を使って文章を書いたのに、見てくれる人が少なくてネタ切れになってしまい、ブログやメールマガジンの配信を止めてしまうのがパターンになります。

では、どうしたら良いかというと、最初は、購入した商材を実施している過程を書いていけばいいと思います。 僕も実際にやっていたのですが、商材を見て勉強になったことや、実際に実行してみた結果をブログに書いていく形です。 新しいことを学ばなければ、ブログは、いつかネタ切れになってしまうからです。

商材を購入して新しいことを学び、それを実施している過程を書いていけば、書くネタはかなり続きます。 あとは、その商材のアフィリエイトリンクを貼っていけば、ついでにアフィリエイト報酬も得られるようになるので、僕はこの方法をおすすめしています。


僕もブログを始めたときは、自分のやっていることや学んだこと、自分の目標などを書いてきました。 見ず知らずの人の日記を見てくれるのは、その人の家族ぐらいなので、新しいことを学んで、学んだことを書いていくブログにした方が良いと思います。

ホームページやメールマガジンであれば、自分の勉強したものを残しておき、それをまとめてホームページやメールマガジンで配信するようにしましょう。

たとえば、「動画で覚える無料ホームページ制作講座」では、僕が実際にホームページの作り方を勉強していたものを全部残しておいて、それをまとめて作りました。 また、「FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資」も、僕がFXを勉強したものを全て残しておいて、それをまとめて作りました。

自分が興味のあることを学べば、その分野ですごく詳しくなりますし、学んだことを残しておけば、ホームページやブログ、メールマガジンなどでも配信することができますよね。 これは一石二鳥で、本当におすすめできる方法ですし、逆に、この方法よりも効率の良い方法はないと思っています。

新しいことを学んだり、実行したりしていかないと書くことがなくなってしまうのは当然なので、常に新しいことを学んで、学んだこと残し、ホームページやブログ、メールマガジンなどで配信するようにしましょうね。



私たちは、「作家」です。

私たちの仕事は、「文章を書く仕事」です。 ホームページを作ったり、プログラムを書いたり、動画を録画したりするよりも、文章を書く仕事や、文章を書く時間の方が圧倒的に多いです。 つまり、私たちの職業は、「作家」になります。

インターネットビジネスの仕事内容は、ホームページを作ったり、プログラムを書いたり、動画を録画したりするというイメージがあるかもしれませんが、実際は、文書を書くことです。

僕は今、このように動画を録画していますが、この動画を録画している時間は、本当にわずかです。 また、僕はホームページもたくさん作ってきましたが、ホームページを作っている時間も本当に少ないです。

それよりも、動画を作るための文章を書いたり、ホームページに掲載するための文章を書いたり、メルマガを配信するための文章を書いたりなど、文章を書く時間の方が圧倒的に多いです。 割合で言うと、仕事時間が10だとしたら、9割くらいが文章を書く時間で、残りの1割がホームページを作ったり、動画を作成したりする時間になっています。

だから、文章を書くことが仕事内容なのにも関わらず、文章を書きたくないという人は、選んでいる職業や事業を間違えているということです。 たとえば、水泳選手になることを目指しているのに、「僕は水に入りたくありません。」と言っているのと一緒になってしまいます。

文章を書くことは、本当に大変な作業ではあるのですが、それがインターネットビジネスの仕事内容になりますので、これだけは絶対に避けないようにしてくださいね。



なぜ、インターネットの仕事は、文章を書くことなのか

インターネットで、内容を相手に伝える方法は、「文章」と「画像」、「音声」と「動画」の4つしかありません。 しかし、どれを選んでも、結局、「文章」で内容を相手に伝えています。 だから、インターネットの仕事は、「文章を書くこと」ということです。

具体的には、まず、インターネットで内容を相手に伝える方法は、「文章」と「画像」、そして、「音声」と「動画」の4つしかくらいしかありませんが、どの方法を使っても、結局、文章で内容を相手に伝えることになります。

たとえば、音声と動画も、言葉を話して、文章で内容をあなたに伝えていますよね? 画像については、商品の写真を見てもらい、見た人は商品のイメージはできると思いますけれど、結局、商品の詳細は文章で伝えることになります。 だから、内容を相手に伝えるためには、やはり文章を使うしかありません。


インターネットの世界では、現実の世界と違って、会話のキャッチボールができません。 現実の世界で、相手と対面で話しているのであれば、話している内容が分からないときは、相手は質問をしてくれますよね。 そして、「その質問に返答すること」を繰り返すことで、内容も相手に伝わり、相手も理解できます。

しかし、インターネットの世界は、基本的に情報を伝えるときは一方通行で、こちらからあなたに内容を伝える形になります。 だから、分かりやすい言葉で、相手が理解できるように文章を書く必要があるということです。 もし、分かりづらい文章だったら、相手は別のサイトに行ってしまいます。

現実の世界で、相手と直接会話をしていれば、相手は話している内容を理解してくれようとしてくれます。 ただ、インターネットの世界だと、相手はあまり頭を使ってくれないので、分かりづらかったら、すぐに読むのを止めてしまいます。 これは、インターネットの世界は、クリックだけですぐに別なサイトに移動できるという特徴があるからです。

こういう意味では、インターネットの世界は厳しくて、文章がいかに重要なのかということが分かりますよね。 相手が内容を理解してくれるように、文章の構成や書き方、分かりやすいような「たとえ話」を入れるなど、必要なことや大切なことをしっかりと行い、文章を書いていく必要があります。

インターネットの仕事をする以上、文章を書くことは避けられません。 人が思っている以上にこの世界では文章が大切になるので、ここでお伝えした、文章の書き方をしっかりと学んで書いていくようにしましょう。




【よく読まれている関連記事】

【おすすめコンテンツ】
 
会員制サイドビジネス講座
 
私がお金を稼ぐ理由 ~ お金を持ったときのメリット ~
 
インターネットで月20万円の収入を継続して稼ぐ方法
 
初心者用ホームページテンプレート
 

インターネットビジネスのすごさを認識してください
 
動画で覚える無料ホームページ作成講座
 
FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資
 
ホームページが作れる能力は、最高の能力
 



当サイト限定の「プレミアム動画」を無料でプレゼント!

 

価値が高かったため、当サイトで無料で公開することができなかった動画があります。 その「プレミアム動画」を、期間限定で、無料でプレゼントしています。

⇒ 5つの「プレミアム動画」の無料ダウンロードはこちらから!



初心者がインターネットで月20万円の収入を得るための講座

 

インターネットで収入を得るために、必要な「技術」や「スキル」を身につけられる講座が、会員制サイドビジネス講座です。 今まで1600名以上の方に参加していただき、たくさんの初心者の人がホームページを作れるようになり、そのホームページで収入を得られるようになっている「実績」があります。

⇒「会員制サイドビジネス講座」の詳細はこちらから!




← 前の 「3-4 メールの書き方」 に戻る
 

 
 
 

 
 
NPO法人 推薦状
 
NPO法人からの推薦

 
NPO法人「起業とキャリア支援センター」様からの推薦を受けて、運営しています。
 
収入を得る最短コース
 
会員制サイドビジネス講座

 
インターネットを使って、 月20万円の収入を得るために、必要な知識と技術を身につけることができる、会員制のサイドビジネス講座です。

これが、インターネットを使ったサイドビジネスで、収入を得るための最短コースになります。
 
成長するための考え方
 
ビジネスに対する考え方
 
インターネットビジネス
 
ホームページの作り方
 
動画で覚える無料ホームページ制作講座

 
ホームページの作り方を、動画で見ながら覚えることができる無料の講座です。

インターネットを使ったサイドビジネスで収入を得るためには、「ホームページを自分で作れること」が必要になるので、このサイトが役に立ちます。
 
FXで資産運用
 
動画で覚える無料FX講座

 
FXの取引方法や、資産運用のやり方を、動画で見ながら覚えることができる無料の講座です。

投資には、複利の力で、お金を加速させて、増やすことができるというメリットがあります。

インターネットビジネスで自動で収入を得られる仕組みを作って、そこで得たお金を、投資に回して、複利の力でお金を増やしていくようにしましょう。
 
Takuma Ishida
 
Copyright © 空いている時間で副収入を得よう!おすすめ副業ランキング! All rights reserved.
 
トップページネット副業お金を稼ぐ方法最高の成長法投資と資産運用
プロフィール特定商取引法お問い合わせサイトマップ