人に喜んでもらう方法

プロフィール 特定商取引法 お問い合わせ サイトマップ  
 
トップページ ネット副業 お金を稼ぐ方法 最高の成長法 投資と資産運用
 
 
副業の基礎知識 副業一覧リスト 収入を得る最短コース
 
ネット副業の日記 情報商材ランキング よくいただく質問
 
 

人が喜ぶことを知ること

ビジネスは、コンピュータを相手にして行うものではなく、人を相手にして行うものです。 相手が人間である以上、人が喜ぶことを知っておくことは、とても大切なことになりますので、ぜひ確認してみてくださいね。




「人が喜ぶことを知ること」の概要

 

・人の大きな喜びは、「理解されること」
・人の悩みに共感すること
・人の6つの快感
・私たちは、「エンターテイナー」でなければならない
・過去に辛い経験をしている人、現在辛い想いをしている人はチャンス



「人が喜ぶことを知ること」の内容

 

ビジネスは、コンピュータを相手にしているのではなく、人間を相手にしています。 そして、相手が人間である以上、「人が喜んでくれること」を知ることが必要です。 人は、「どうしたら喜んでくれるのか」ということを、ここでしっかりと学んでいきましょう!


 

人の大きな喜びは、「理解されること」

人は、自分の大変さや、辛さを分かってもらって、自分を理解してもらうと、すごく嬉しい気持ちになります。 ビジネスは、人を相手にして行うものであるため、人を理解して、喜んでいただくことは、とても大切なことです。


たとえば、毎日朝早く起きて、会社に出勤し、仕事をたくさんふられた上に、上司に怒られて、定時に帰ることもできず、夜遅くまで仕事をしているとします。

そのような生活を繰り返している人が、友達に、「こんな生活をしているから毎日辛いんだよね・・」と話したとき、その友達から、「その気持ち分かるよ。俺も似たような経験をしていたからさ。大変だよね。」という形で、自分のことを理解して共感してもらえたら、嬉しいですよね?

逆に、「そんなの当たり前だよ。みんな一緒だよ。そんなこと言っていないで頑張れよ!」と言われたら、あまりいい気持ちにはならないと思います。

人は、自分のことを理解してもらって、共感されると、嬉しい気持ちになる。


人は、自分の大変さや辛さを分かってもらえて、理解してもらうと、すごく嬉しい気持ちになるということです。

もちろん、何でもかんでも、「あなたの言っていること分かりますよ!」と言っても、「本当に分かってるの??」という感じになってしまうので、相手のことをしっかり理解することが、必要になります。


私は、大学を卒業して、サラリーマンになったときは、本当に仕事ができなくて、「あいつダメだよね」と、いつも笑われながら、言われていました。

実際に、「お前が成長するなら、俺だって成長できるし」ということも言われていたし、仕事をしていると、すぐ頭が真っ白になっていたし、、、いつも、「この仕事は自分に向いていないのかな・・・」と思っていました。 だから、私は、仕事のできない人の気持ちは、よく分かるんですね。


サラリーマンを辞めて、独立をしたときも、なかなか結果がでなくて、とても苦しかったです。 半年くらい家に引きこもって、仕事をしていたときは、今までの人生の中で、きっと一番辛かったと思います。

本当に、そのころは人と話せなくて、日本語もうまく喋れなくなったような感じでした。

私は、このような辛い経験や、大変な思いをしたので、同じように悩んでいる人や、辛い思いをしている人たちの気持ちは、よく分かると思っています。

相手のことを理解してあげることができたら、相手も喜んでくれるので、相手に共感して、相手を理解することを、心がけるようにしましょう。



人の悩みに共感すること

1. どういう問題が起こっているかを聞くこと。
2. どういう感情なのかを聞くこと。
3.「分かるよ」ということを伝えること。
4. 似たような経験、似たような感情を伝えること。


「共感すること」と言うと、テクニックのように聞こえてしまうかもしれませんが、共感してあげる、理解してあげるということは、とても大切なことです。

相手にどのような問題が起こっていて、どのような気持ちになっているのかを、聞いてあげることも大切ですし、それに対して、「あなたの言っていることは分かります」と伝えてあげることも大切です。

そして、自分が似たような経験をしていることや、自分も同じような感情を持っていることを話すと、相手は喜んでくれますよ。

人は、自分のことを分かってくれると、嬉しい気持ちになる。人に共感することは、とても大切なこと。


相手はコンピュータではなく「人間」ですし、人間である以上、喜んでくれることは同じなので、相手を理解することや、相手に共感することは、常に意識するようにしましょう。

もちろんこれは、仕事だけではなく、私生活でも一緒ですよね!



人の6つの快感

1. 悩みを引き出してもらうこと。
2. 悩みに共感してもらうこと。
3. 夢を見せてもらうこと。
4. 具体的にやることをまとめてもらうこと。
5. ワクワクさせてもらうこと。
6. 今すぐに知れること。


人は忙しくて、自分の悩みを直視する時間もありませんし、なぜ悩んでいるのかも、よく分かっていません。 だから、その悩みを引き出して、伝えてあげることも、大切なことです。

たとえば、自分が好きではない仕事を毎日やって、大きなストレスを抱えながら生きている人もいます。 また、将来のことを考えても不安になるだけだから、深く考えようとしない人も、たくさんいるのですよね。

だから、そのような人に、「将来を不安に思っていますよね?」とか、「今の生活に本当は満足していませんよね?」というように話して、悩みを引き出してあげることも大切です。

そして、「私も同じように悩んでいたんですよ」というように、悩みに共感してあげるようにしましょう。


また、悩みを引き出してあげるだけでなく、「私も同じように悩んでいたけど、その生活を抜け出すことができた」と伝えてあげることが必要です。

たとえば、「インターネットビジネスで、最初は全然 稼げなかったけど、実際に収入を得られるようになりました」とか、「あなたと同じように悩んでいたけど、この生活を変えることができました」というように伝えてあげます。

そして、実際にどのようにして、自分のその生活から抜け出すことができたのか、どのようなことを実施したら、収入を得られて生活を変えることができたのか、ということを伝えてあげます。

そのためにやることを、具体的にまとめて、伝えてあげるという形です。


そして、ここまで伝えると、「もしかしたら自分にもできるかもしれない」と、人はワクワクしてきます。 また、何かを実現するための、具体的にまとめられた手順を、今すぐ知ることができるのも、本当に嬉しいことですよね。

人が喜ぶことや、人が快感に思うことを理解していれば、書く文章や言葉の内容が変わってきますので、この「人の6つの快感」は、ぜひ覚えておいてくださいね。



私たちは、「エンターテイナー」でなければならない

私たちの仕事は、世の中にある情報を調べて、まとめ、それを自分が体験して、その結果を分かりやすく伝えてあげる仕事です。 つまり、私たちは、「幸せな時間を売る仕事」をしています。

情報は、人生で最も大切なものの1つである、時間を増やしてあげることができる。情報を売る仕事は、幸せな時間を提供する仕事である。


ただ情報を提供するだけではなく、お客様にワクワクしてもらえるような、「エンターテイナー」である必要がある、ということです。

私たちは、情報を提供したり、サービスを提供したり、商品を販売したりするだけではなく、その商品を買った後に広がる夢を、提供する仕事しています。 そのような気持ちで、仕事をすることが大切です。



過去に辛い経験をしている人、
現在辛い想いをしている人はチャンス

人は、自分よりも不幸な人を見つけると、救われたような気持ちになります。 また、過去に辛い経験をした人を見ると、同情して、応援したくなります。

過去に辛い経験をしている人や、現在 辛い思いをしている人は、多くのことを伝えられるし、人からの共感も得られやすいので、ビジネスはやりやすくなりますよ。


私も、辛い経験をしてきた数なら、きっと人に、負けていないと思います。 そのような辛い経験や体験を人に話すと、「自分よりも辛い思いをしている人がいるんだ。それに比べたら、自分はまだマシだ」というように、人は喜んでくれるのですよね。

なぜなら、自分よりも辛い人を見つけると、なぜか人は、救われたような気持ちになるからです。 だから、過去の辛い経験を人に話すことで、人の気持ちを軽くしてあげることが、できるような気がしています。


あと、今になって、「すごく大きいな」と感じることは、ストーリーを描きやすいということです。

過去に辛い経験をして、苦しんで、なかなか結果が出なくて、でも少しずつ良くなって成長していく、、、 そして大きな結果を出せた、ということは、自分の人生自体が、1つのストーリーになります。

このようなストーリーは、読んでいて楽しいですし、臨場感があるので、人の心をつかみやすくなります。

人は、過去に辛い思いをしていた人には、優しくしてくれる。そして、その人が頑張っていたら、応援してくれる。


逆に、あまり良くないストーリーは、家がすごくお金持ちで、自分はあまり苦労した経験もなく、何不自由なく育ってきて、今もそんなに困っていないという人です。

そのような人は、ストーリーを描いても、あまり良いものになりません。 なぜなら、人からの共感を得られづらいからです。


もちろん、一概には言えませんが、過去に辛い経験をしている人や、現在辛い思いをしている人は、そのような思いを人に伝えると、共感を得られやすいのでチャンスですよ。

ストーリーも描きやすいので、「過去に辛い経験をした」というのは、今後に必ず活きてくるはずです。



まとめ

ビジネスは、コンピュータ相手にしているのではなく、人間を相手にしています。 そのため、「人が喜ぶことを知ること」を知ることが大切です。 相手が人間である以上、「人が喜ぶ気持ち」は、みんな一緒ですよ。

たとえば、人は、悩みを聞いてもらって、その悩みに共感してもらえると、嬉しい気持ちになります。 また、人の悩みを引き出して、それに共感するだけでなく、具体的にやることをまとめて、伝えてあげることで、喜んでくれます。

そして、提供する情報については、情報を調べて、まとめて、それを実際に体験して、得られた結果を分かりやすく伝えてあげるようにします。 このような情報が、「有益な情報」になるということです。


あと、過去に辛い経験をしている人や、現在 辛い思いをしている人は、ストーリーを描きやすいですし、人からの共感も得られやすくなります。 なぜなら、自分より辛い経験をしている人を見ると、人は、救われたような気持ちになるからです。

「こんな辛い思いをしている人がいるんだったら、まだ自分の方がマシだよね。だから頑張ろう!」という気持ちになってくれる人もいるので、自分の辛い経験などは、できるだけ伝えるようにしましょう。

相手が喜ぶことを知って、喜んでいただくということは、とても大切なので、ぜひ覚えておいてくださいね。




【よく読まれている関連記事】

【おすすめコンテンツ】
 
会員制サイドビジネス講座
 
私がお金を稼ぐ理由 ~ お金を持ったときのメリット ~
 
インターネットで月20万円の収入を継続して稼ぐ方法
 
初心者用ホームページテンプレート
 

インターネットビジネスのすごさを認識してください
 
動画で覚える無料ホームページ作成講座
 
FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資
 
ホームページが作れる能力は、最高の能力
 



当サイト限定の「プレミアム動画」を無料でプレゼント!

 

価値が高かったため、当サイトで無料で公開することができなかった動画があります。 その「プレミアム動画」を、期間限定で、無料でプレゼントしています。

⇒ 5つの「プレミアム動画」の無料ダウンロードはこちらから!



初心者がインターネットで月20万円の収入を得るための講座

 

インターネットで収入を得るために、必要な「技術」や「スキル」を身につけられる講座が、会員制サイドビジネス講座です。 今まで1600名以上の方に参加していただき、たくさんの初心者の人がホームページを作れるようになり、そのホームページで収入を得られるようになっている「実績」があります。

⇒「会員制サイドビジネス講座」の詳細はこちらから!




 
次の 「2-3 人を知ること」 に進む →

 
 
 

 
 
NPO法人 推薦状
 
NPO法人からの推薦

 
NPO法人「起業とキャリア支援センター」様からの推薦を受けて、運営しています。
 
収入を得る最短コース
 
会員制サイドビジネス講座

 
インターネットを使って、 月20万円の収入を得るために、必要な知識と技術を身につけることができる、会員制のサイドビジネス講座です。

これが、インターネットを使ったサイドビジネスで、収入を得るための最短コースになります。
 
成長するための考え方
 
ビジネスに対する考え方
 
インターネットビジネス
 
ホームページの作り方
 
動画で覚える無料ホームページ制作講座

 
ホームページの作り方を、動画で見ながら覚えることができる無料の講座です。

インターネットを使ったサイドビジネスで収入を得るためには、「ホームページを自分で作れること」が必要になるので、このサイトが役に立ちます。
 
FXで資産運用
 
動画で覚える無料FX講座

 
FXの取引方法や、資産運用のやり方を、動画で見ながら覚えることができる無料の講座です。

投資には、複利の力で、お金を加速させて、増やすことができるというメリットがあります。

インターネットビジネスで自動で収入を得られる仕組みを作って、そこで得たお金を、投資に回して、複利の力でお金を増やしていくようにしましょう。
 
Takuma Ishida
 
Copyright © 空いている時間で副収入を得よう!おすすめ副業ランキング! All rights reserved.
 
トップページネット副業お金を稼ぐ方法最高の成長法投資と資産運用
プロフィール特定商取引法お問い合わせサイトマップ
 
^